シアリスの入手は病院からの処方?それとも通販?

シアリスは代表的なED治療薬です。基本的には病院で処方箋を出してもらわないと入手ができません。意外と知られていませんが、実は通販を利用して安く手に入れるという方法もあります。ここでは、シアリスの効果や入手方法、注意点などについて紹介します。

シアリスの一番の特徴は効果時間の長さ

シアリスは代表的なED治療薬ですが、その一番の特徴は効果時間の長さにあると言えるでしょう。シアリスは飲むと比較的すぐに効果があらわれて、およそ24時間その効果が持続します。個人差がありますが、36時間~48時間程度効果が持続することもあります。

シアリスは飲んでから30分くらいで効果があらわれはじめて、3時間後くらいにその効果がピークに達します。およそ14時間が経過すると徐々に効果が弱まっていくようです。シアリスの主成分であるタダラフィルは体に残りやすい成分なので、68時間後にもまだ体の中に成分が残っているようです。しかし、成分が残っていても少量ならばそれほどの影響はありません。

シアリスの効果時間が長いことの理由は、主成分であるタダラフィルが体から抜けにくい成分であるということが挙げられます。しかし、14時間後くらいから徐々に効果が弱まってくるので、絶対に24時間は効果が持続するというようには考えず、24時間~36時間くらい効果が残ることもあるという程度に考えておくのがよいでしょう。

シアリスと食事の関係性

シアリスは食事の影響を受けにくいED治療薬です。食後に飲んでも効果が落ちるということはないようです。また、アルコールの影響も受けません。しかし、空腹時に飲んだほうが高い効果が出やすいというデータもあるようです。

食後には食べたものの残りかすが胃の中に残っていて、シアリスの吸収が阻害されるということもあるようです。もしもシアリスを飲んでも効果が出ない場合には、食事から時間を空けて飲むようにするとよいでしょう。アルコールについても、影響は受けないとは言っても飲みすぎは禁物です。

シアリスには10mgと20mgがありますが、医師に10mgを処方してもらった場合には自分の判断で20mgに増やさないようにしましょう。空腹時にも試してみて、効果が出なかったときにはじめて20mgに増やすことも考えましょう。医師に相談をしてからにするのが理想です。

シアリスについての外部リンク

シアリスは正しい服用方法を知らないで飲むと効果が発揮されません。
シアリスの正しい飲み方についてはこちらの外部サイトを参考にして見てください。

安全にシアリスを入手したい場合は病院の処方

シアリスは基本的には病院やクリニックで医師の診断を受けて、処方箋を書いてもらわなければ入手ができません。シアリスは医療用医薬品にあたるので、日本では医師の処方箋が絶対に必要になります。薬局やドラッグストアで販売をすることは法律で禁止されています。

病院やクリニックで医師の診断を受けて薬を出してもらった場合には、なにかトラブルが起きたら医師が責任を持って対応してくれるという安心感があります。医師の診断を受けて処方をしてもらうという正規のルートで入手をした薬の場合、偽物であるという可能性はほぼありません。

偽物の勃起治療薬を入手してしまった場合には、「飲んだのに勃起できなかった」という程度ですんだのならまだラッキーであると言えます。海外の工場の中にはゴキブリが徘徊しているような不衛生な環境も存在しているようです。偽物や粗悪品をつかんでしまった場合、「勃起できない」という程度ではすまず、健康に重大な悪影響が出てしまう可能性もあります。

病院で処方をしてもらうことが一番安全ですが、時間やコストがかかることが難点です。また、はじめて受診をする場合には初診料もかかります。病院へ行くと知り合いにばれてしまうかもしれないという不安を抱える人もいます。

安価でシアリスを入手したい場合は通販サイト

安価でだれにもばれずにシアリスを入手したい場合は、通販サイトがおすすめです。日本では医療用医薬品をインターネット通販で販売することは違法とされています。それではシアリスを売っている通販サイトは違法なのかというと、そうでもありません。

実は、シアリスを売っているサイトのほとんどは個人輸入代行をしている業者なのです。厳密に言うと、シアリスを売っているのではなく、シアリスを海外から個人で輸入することを代行してもらうということになります。そのための送料や代行手数料を支払うという仕組みになっています。個人輸入については現在のところ法律で禁止はされていないので、違法サイトではありません。

個人輸入を利用すると病院へ行かずに薬を入手できるだけでなく、安価で薬を入手することができるというメリットもあります。業者によって料金は異なりますが、病院で処方をしてもらった場合に比べて半分以下のコストで入手することができるでしょう。

しかし、相場よりも大きくかけはなれている場合には注意が必要です。あまりに安すぎる場合には偽物・類似品や粗悪品を扱っている業者である可能性も高くなります。きちんと信頼できる業者を選んでおきましょう。