勃起障害ってなに?

勃起障害とは勃起機能が低下することで、勃起しなくなったり勃起するまで長い時間がかかり性交に満足できない病気のことです。日本人は4人に1人の割合で勃起障害に悩んでおり、軽度の症状まで含めるとさらに増えると考えられています。正常な勃起は性的に刺激を受けると脳から神経を通して陰茎に伝わります。すると陰茎海綿体を通る動脈が広がることで、大量の血液が送り込まれて大きく膨らみます、しかし勃起障害の場合、動脈が十分に拡張されなかったり神経の一部が損傷を受けて正常に勃起しません。加齢によって勃起障害になるリスクは高まりますが、若い人でも不規則な生活が慢性化すると発症します。日常生活でストレスを抱えている人も注意が必要です。経済的な苦悩や仕事でのプレッシャーなどが蓄積されることで勃起できなくなります。パートナーがその状態を見て役立たずなどと言うとその言葉に傷ついてさらに症状が悪化します。心理的ストレスが原因の場合はパートナーと一緒に向き合って乗り越えることができますが、幼少期のトラウマなど心の深い部分が影響を与えていると治療が難しいです。本人でも何が原因が分からないので、治療に時間がかかります。高脂血症や糖尿病などの生活習慣病を患っていると、動脈硬化を引き起こして血流が悪くなり、陰茎に血液が送られないことで勃起に時間がかかります。特に年齢を重ねると生活習慣病に該当する人が増えるので、中高年以降も正常な勃起をするには嗜好品を控える必要があります。かつて前立腺ガンや膀胱ガンなどの手術を受けたことがある人は、手術の時に神経を傷つけた可能性があります。この場合は若い人を中心にED治療薬の効果が高いです。